中央市ホームページ

モノクロデザインに変更文字を小さく文字を大きく

検索フォーム

メインメニュー

メニュー

コンテンツ

暮らしの便利帳

郵便等による不在者投票

■郵便等による不在者投票とは
 身体の重い障がいなどにより投票に行けない人が郵便又は信書便で投票する制度です。
身体障害者手帳(一定の障がい)や戦傷病者手帳(一定の障がい)や介護保険の被保険者証(要介護5)が交付されている人に限られます。
 中央市選挙管理委員会に投票用紙・投票用封筒を請求し、交付された投票用紙に、自宅などで記入し、中央市選挙管理委員会に郵便又は信書便により送付します。
 また、代理記載人による代筆記載制度もあります。

■郵便等による不在者投票ができる人は

◆身体障害者手帳をお持ちの人
・両下肢、体幹、または移動機能の障がいが1級か2級
・心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、または小腸の障がいが1級から3級
・免疫、肝臓の障がいが1級から3級

◆戦傷病者手帳をお持ちの人
・両下肢又は体幹の障がいが特別項症から第2項症
・心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、肝臓の障がいが、特別項症から第3項症

◆介護保険被保険者証をお持ちの人
・被保険者証に要介護状態区分が要介護5

※郵便等による不在者投票には、あらかじめ市選挙管理委員会に対し、郵便等投票証明書の交付を申請して、その交付を受ける必要があります。

■郵便等投票証明書の交付申請の手続き
1 市選挙管理委員会に対し、選挙人が署名した「郵便等投票証明書交付申請書」に、身体障害者手帳、戦傷病者手帳、介護保険被保険者証のいずれかを添えて申請してください。
2 市選挙管理委員会から、「郵便等投票証明書」が郵送されます。
  有効期限
   介護保険被保険者証 ⇒ 認定の有効期間の末日まで
   それ以外 ⇒ 「郵便等投票証明書」の交付日から7年間
 ※「郵便等投票証明書」の申請は、選挙に関係なく、いつでもできます。

■郵便等による投票手続き
1 市選挙管理委員会から「郵便等投票証明書」の交付を受けている人に「投票用紙等の請求書」が送られてきます。
2 「投票用紙等の請求書」に必要事項を記入し、「郵便等投票証明書」を同封して選挙の投票日4日前までに市選挙管理委員会に到着するよう返送してください。
3 市選挙管理委員会から自宅など現在いる場所に投票用紙、投票用封筒が送られてきます。
4 告示日(公示日)以降に投票用紙に記載し、内封筒に投票用紙を入れ封をし、外封筒に内封筒を入れ封をし、外封筒に署名します。
5 郵送により投票用紙の入った二重封筒を送り返します。

■郵便等による不在者投票における代理記載制度
 上記の条件に加え、次に該当する人は、代理記載による投票を行なうことができます。あらかじめ市選挙管理委員会に届け出た人(選挙権を有する人に限る。)に投票に関する記載をしてもらうことができます。

■代理記載による投票ができる人
◆身体障害者手帳をお持ちの人
・上肢又は視覚の障がいが1級の人

◆戦傷病者手帳をお持ちの人
・上肢又は視覚の障がいが特別項症から第2項症までの人

■代理記載の手続き
「郵便等投票証明書」の交付を受けている場合
 すでに交付されている「郵便等投票証明書」に代理記載の方法による投票を受けることができる旨の記載を受け、代理記載人となるべき人を届け出ます。
1 市選挙管理委員会に対し、「公職選挙法第49条第3項に規定する選挙人に該当する旨の 記載に係る申請書」及び「代理記載人となるべき者の届出書」、「同意書及び宣誓書」、身体障害者手帳又は戦傷病者手帳を添えて申請します。
2 市選挙管理委員会から、「郵便等投票証明書」が郵送されます。
3 選挙が行なわれると、市選挙管理委員会から「郵便等投票証明書」の交付を受けている人に「投票用紙等の請求書」が送付されますので、選挙人の指示により、代理記載人が必要事項を記入し、「郵便等投票証明書」を同封して、市選挙管理委員会に投票用紙等の請求を行ないます。
4 市選挙管理委員会から、現在いる場所に投票用紙が送られてきますので、代理記載人は、公示日(告示日)の翌日以降、選挙人の指示により、候補者名等を投票用紙に記入します。
5 内封筒に投票用紙を入れ封をし、外封筒に内封筒を入れ封をし、記載代理人が外封筒に署
 名をし郵送により市選挙管理委員会へ送り返します。

■代理記載の手続き
「郵便等投票証明書」の交付を受けていない場合
 「郵便等投票証明書」の交付申請と選挙人に代わって投票に関する記載を行なう「代理記載人」となるべき者の届出をします。
1 市選挙管理委員会に対し、「郵便等投票証明書交付申請書(代理記載用)」及び「代理記載人となるべき者の届出書」、「同意書及び宣誓書」、身体障害者手帳又は戦傷病者手帳、介護保険被保険者証を添えて申請します。
2 市選挙管理委員会から、「郵便等投票証明書」が郵送されます。
3 選挙が行なわれると、市選挙管理委員会から「郵便等投票証明書」の交付を受けている人に「投票用紙等の請求書」が送付されますので、選挙人の指示により、代理記載人が必要事項を記入し、「郵便等投票証明書」を同封して、市選挙管理委員会に投票用紙等の請求を行ないます。
4 市選挙管理委員会から、現在いる場所に投票用紙が送られてきますので、代理記載人は、公示日(告示日)の翌日以降、選挙人の指示により、候補者名等を投票用紙に記入します。
5 内封筒に投票用紙を入れ封をし、外封筒に内封筒を入れ封をし、記載代理人が外封筒に署名をし郵送により市選挙管理委員会へ送り返します。

※代理記載人が選挙人の指示する候補者名を記載しなかった等の場合には、2年以下の禁錮又は30万円以下の罰金に処せられます。

めいすいくん

この記事に関するお問い合わせはこちらまで

選挙人名簿登録者数

中央市選挙人名簿登録者数 平成29年6月1日現在
   男 12,218人
   女 12,473人
   計 24,691人

1.選挙人名簿の登録資格
 選挙人名簿の登録資格には、年齢と住所資格があります。
 (1)年齢満18歳以上の日本国民
 (2)住民票が作成された日から引き続き3か月以上住民基本台帳に登録されている方
 (3)本市から転出し、住所を有しなくなった日後4か月を経過していない方で、転出前に本市の住民基本台帳に引き続き3か月以上記録されていた方

2.選挙人名簿の登録
 選挙人名簿の登録には、年4回、定期的に登録する定時登録と選挙を行う場合に登録する選挙時登録があります。
 (1)定時登録:毎年3月,6月,9月,12月の1日を基準日として、同日登録が行われます。
 (2)選挙時登録:選挙を行う場合に基準日と登録日を定めて、登録が行われます。

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせはこちらまで

期日前投票について

◎期日前投票とは
 選挙は、選挙期日(投票日)に投票所おいて投票することを原則としていますが、選挙期日(投票日)に仕事や旅行などで、投票所に行けない方のために、選挙期日(投票日)前でも投票することができる制度です。

○投票対象者
 選挙期日に仕事や旅行、レジャー、冠婚葬祭などの用務があるなど一定の事由に該当すると見込まれる方です。投票の際には、宣誓書のご記入が必要となります。

○投票期間
 選挙期日の公示日又は告示日の翌日から選挙期日の前日までの間

○投票時間
 午前8時30分~午後8時

○投票場所
 市役所各庁舎(選挙の都度、発行される投票所入場券をご確認ください)

○持ち物
 投票所入場券
 ※期日前投票に行こうとする日に、入場券がまだ届いていない場合でも、投票はできますので、本人確認ができるものをご持参ください。

☆滞在先(中央市以外)での不在者投票について
仕事や旅行などで、選挙期間中、中央市で投票できない方には、滞在先の市区町村選挙管理委員会で不在者投票という制度で投票ができます。

○滞在先での不在者投票の手続き
①中央市選挙管理委員会に、直接又は郵便等で投票用紙等の必要書類の請求をお願いします。その際、どこで投票するのかお伝えください。
※投票用紙等の請求書の様式は、ホームページでその選挙の都度、ダウンロードできるようにいたします。

②中央市選挙管理委員会から、投票に必要な投票用紙等の書類を交付いたしますので、
その書類を持参して、投票する市区町村選挙管理委員会へ行って、投票をしてください。
※交付した書類に開封厳禁のものもありますので、ご注意ください。

投票イラスト

この記事に関するお問い合わせはこちらまで
(c)copyright 2006-2017 Chuo City All right reserved.