中央市ホームページ

モノクロデザインに変更文字を小さく文字を大きく

検索フォーム

メインメニュー

メニュー

コンテンツ

暮らしの便利帳

生活保護制度について

 私たちの一生の間には、様々な事情で生活に困ってしまうことがあります。
 生活保護は、自分の力だけではどうしても生活できない方に対して、困っている程度に応じて、経済的な援助を行うとともに、一日も早く自分の力で生活できるよう手助けをする制度です。
 
・生活保護を受けようとする前に、次のような努力をしてください
1.働くことができる方は、自分の能力に応じて一生懸命働いてください。
2.年金や手当てなど、他の法律で受けられる援助はすべて受けてください。
3.利用できる資産は、すべて生活のために活用してください。
  (資産とは、不動産・貴金属・預貯金・自家用車・生命保険などのことです)
4.親・子・兄弟姉妹などとよく相談して、できる限りの援助を受けるように努めてください。
※これらの努力をしてもなお生活できない場合に、保護が受けられます。


■保護の種類
1.生活扶助:衣食や光熱水費など日常の暮らしの費用
2.住宅扶助:家賃や家屋の修繕・補修などの費用
3.教育扶助:小・中学生の学用品、給食費などの費用
4.介護扶助:寝たきり・認知症などのため介護サービスを利用する費用
5.医療扶助:病気やけがの治療のため、医者にかかる費用
6.出産費用:お産に必要な費用
7.生業扶助:技能を身につけたり、仕事につくための費用
8.葬祭扶助:お葬式の費用


■相談
 生活に困って保護のことをお聞きになりたい方は、福祉課社会福祉担当までご相談ください。


この記事に関するお問い合わせはこちらまで
(c)copyright 2006-2017 Chuo City All right reserved.