中央市ホームページ

モノクロデザインに変更文字を小さく文字を大きく

検索フォーム

メインメニュー

メニュー

コンテンツ

暮らしの便利帳

道水路と私有地の境界が不明のとき

道路、又は水路などの公有地に接する場所に、コンクリート壁・ブロック塀などを作るとき、公有地との境がわからない場合は、境界調査の手続きが必要です。

また、調査当日は、地元の土木委員、隣接する土地所有者などの関係者の立会いが必要となります。 なお、立会いに必要な隣接する土地所有者は、申請の際にお知らせ致します。


この記事に関するお問い合わせはこちらまで

個人で道水路を壊して工事をするときの手続き

住宅の入口などの確保のため、一般の方が道水路などを壊して工事する場合には県又は市の許可が必要です。

工事をされる方は、建設課備え付けの申請用紙により申請して下さい。

手続きが必要なのは、

 ・歩道の段差をなくす。
 ・植樹マスの移動。
 ・交通安全施設の撤去または移動。
 ・道路を掘って配水管を入れる。

などの工事です。


この記事に関するお問い合わせはこちらまで

個人で水路に橋をかけるときの手続き

この手続きは、水路に橋を架け入り口として利用する場合に対象となります。

水路が市有地の場合は市の許可が、国有地の場合は県の許可がそれぞれ必要となります。

※詳しくは、建設課までお願い致します。
※または峡中地域振興局建設部用地第二課、電話番号224-1664までお問い合わせください。


この記事に関するお問い合わせはこちらまで

道路損傷の情報提供について

市では、定期的に道路パトロールを行い、道路が損傷している危険箇所を未然に防いでいます。

しかし、道路工事をした直後や雨が降った後などは、特に道路に穴があきやすい状態になっていますので、万一、道路が損傷していたり、穴があいているのを見つけましたら、至急、建設課までご連絡下さいますよう、みなさまのご協力をお願い致します。


この記事に関するお問い合わせはこちらまで
(c)copyright 2006-2017 Chuo City All right reserved.