中央市ホームページ

モノクロデザインに変更文字を小さく文字を大きく

検索フォーム

メインメニュー

メニュー

コンテンツ

暮らしの便利帳

子供の発達と事故例

こんな特徴が事故に結びつきます。

・頭が大きいので、重心が高く、バランスを失って転びやすいのです
・大人より視野が狭いので、空間を把握する力が足りません
・手に触れたものは、何でも口に持ってゆきます
・大人や動物のまねが大好きです
・好奇心が強く、予想もできないような遊び方や、道具の使い方をします
・行動が自己中心的で、こわいもの知らずです
・前後左右の判断ができず、とつぜん飛び出したりします
・じっとしているのが苦手で、そのうえ注意力不足です
・気分やさんで、感情の起伏が激しく、気まぐれです


この記事に関するお問い合わせはこちらまで

転落・転倒

・寝返りによる転落事故
・階段やベランダ・窓からの転落事故
・子供用ハイチェアによる転落事故
・自転車からの転落事故


この記事に関するお問い合わせはこちらまで

家庭でできる応急手当(転落・転倒)

■頭を打ったとき・・・
傷口から出血しているときの手当は、ガーゼで傷口が閉じるように圧迫し、安静にして様子を見ましょう。意識がない、吐く、けいれんしているなどの場合には、すぐに救急車を呼び、吐物による窒息を防ぐために顔を横に向けて、体を動かさないようにします。もし、呼吸がない場合には、気道を確保して、人工呼吸をしましょう。又、いつまでも不機嫌な状態が続くようなときは、病院に行きましょう。頭を打った場合には、遅れて症状がでることがありますので、安静にして1日〜2日は注意深く観察しましょう。

■体を打ったとき・・・
腕や足などを打ったときは、冷たいタオルで打った部分を冷やします。又、おなかを強く打ったときは、衣類を緩めて、動かしたり揺すったりせずに安静にして病院へ運びましょう。


この記事に関するお問い合わせはこちらまで

誤飲・異物の混入

・たばこや小銭、ボタン、電池などによる事故
・殺虫剤や薬品、洗剤、化粧品などによる事故
・ピーナッツや豆類、アメなどによる事故
・おもちゃなどによる事故


この記事に関するお問い合わせはこちらまで

家庭でできる応急手当(誤飲・異物の混入)

子供が誤って何かを飲み込んだときには、水や牛乳を飲ませ、吐かせるのが原則ですが例外もあるので注意しましょう。

■チェックポイント
 ・何を飲んだのか?
 ・いつ飲んだのか?
 ・どれだけの量を飲んだのか?
 ・顔色が悪いなどいつもと違うところはないか?
 ・けいれんを起こしていないか?
 ・意識ははっきりしているか?
 ・誤飲したものの容器、袋、説明書などを持って行く

■少量の誤飲ではほとんど無害なもの(1g/1ml未満)
食用油、酒、冷蔵庫用脱臭剤、保冷材、マッチの先端、ろうそく、インク、クレヨン、絵の具、えんぴつ、消しゴム、墨汁、粘土、糊、石けん、おしろい、口紅、クリーム、化粧水、香水、ベビーオイル、乳液、ベビーパウダー、ハミガキ粉、シャンプー、へアートニック、シリカゲル、線香、蚊取マット、花火、靴墨、体温計の水銀


この記事に関するお問い合わせはこちらまで

やけど

まず、流水で痛みがなくなるまで十分に冷やします。早く冷やし始めるほど効果がありますので服を着たままでもかまわず冷やすようにしましょう。

■皮膚が赤くなった程度のやけどをしたとき・・・
範囲が小さく、赤くなった程度ならまず流水で十分冷やします。痛みがとれれば清潔なガーゼなどで覆うようにしましょう。

■低温やけどのとき・・・
湯たんぽやカイロなど比較的温度の低いものに長時間触れたためにできたやけどは、小さくても皮膚の深くまでやけどが進行していますので、冷やしながらすぐ病院に連れて行きましょう。

■範囲が広いとき・深いとき・・・
氷を入れたビニール袋や冷たいタオルで冷やしながら、救急車で病院へ連れて行きます。


この記事に関するお問い合わせはこちらまで

救急車を呼ぶ場合

1.119番を回し「救急です」とはっきりと告げる

2.聞かれたことにはっきりと答える

3.氏名、住所、目印、電話番号を伝える

4.「いつ」「どこで」「どうした」などの状況説明

5.到着するまでに何か処置する必要があるかたずねる。


この記事に関するお問い合わせはこちらまで

いざという時に慌てないために

もし事故が起こってしまったら、まず気持ちを落ち着けて行動しましょう。そのためにもふだんから準備と心構えが大切です。

■休日、夜間の事故・救急は・・・
事故 甲府市医師会救急医療センター 055-226-3399
急病 小児初期救急医療センター 055-226-3399

■毒性の高いものを飲み込んだ時は・・・中毒110番へ
 子供が薬、化学薬品、有毒植物などを飲み込んでしまったときは下記の2ヶ所で情報の提供と相談が行われています。
  つくば中毒110番 0990-52-9899(9時〜17時、12/31〜1/3を除く)
  大阪110番     0990-50-2499(24時間年中無休)

※緊急時の連絡先(主治医、夜間休日診療)などは、いつでもわかるようにメモをしておきましょう。かかりつけの医師、病院の電話番号などは、電話の前に貼っておきましょう。

※母子健康手帳・保険証・診察券などは、ひとまとめにし、いつでも持ち出せるようにしておきましょう。小銭やテレホンカード、ある程度の現金も一緒にしておくと便利です。

※救急箱に不足しているものや期限切れのものはないか常に点検し補充しておくと便利です。また消毒液、ガーゼなどは常に補充しておきます。


この記事に関するお問い合わせはこちらまで

乳幼児事故防止・応急処置講習会

「事故防止・救急蘇生法の講習と実技指導」
■対象者乳幼児をもつ保護者(申込制)
■場所等玉穂健康管理センター
日程や詳細は健康推進課(℡274-8542)までお問い合わせください。


この記事に関するお問い合わせはこちらまで
(c)copyright 2006-2017 Chuo City All right reserved.