中央市ホームページ

モノクロデザインに変更文字を小さく文字を大きく

検索フォーム

メインメニュー

メニュー

コンテンツ

暮らしの便利帳

特定不妊治療費助成について

 市では、平成19年4月から次世代育成支援事業の一環として不妊治療のうち、保険外診療である特定不妊治療(体外受精および顕微授精)について、1回の治療費が高額で経済的負担が重いため、その軽減を図ることを目的に費用の一部を助成しています。

※平成27年4月1日より、「男性不妊治療」を行った場合、これまでの助成額に上乗せして助成が受けられるようになりました。詳しくは下記をご参照ください。

【対象者】

 ・申請時に夫婦又は夫婦のいずれか一方が、1年以上中央市に住所を有する。

 ・特定不妊治療及び男性不妊治療以外の方法によっては、妊娠する見込がない、又は極めて少ないと医師に診断されていること。

 ・市税等を滞納していないこと。

【助成金の額等】

 ・特定不妊治療 当該特定不妊治療に要した医療費の自己負担額(県から助成を受けたときは、その受けた額を控除した額)に2分の1を乗じて得た額で、1回の治療につき10万円を限度。

 ・男性不妊治療 当該男性不妊治療に要した医療費の自己負担額に2分の1を乗じて得た額とし、1回の治療につき5万円を限度。

 ・助成金の交付は、同一の夫婦に対し、1年度当たり2回までとし、通算して5年度まで。

【申請方法】

 ~必要な書類~
 
 ① 中央市特定不妊治療費等助成金交付申請書(様式第1号)
 ② 中央市特定不妊治療費等助成金受診証明書(様式第2号)
 ③ 医療機関の発行する領収書の写し
 ④ 山梨県の助成を受けている場合は、承認通知書の写し
 ※ 必要に応じてその他の書類を添付していただく場合があります

 ・申請は、特定不妊治療費等助成金受診証明書に記載される治療期間が終了した日から起算して1年以内ですが、なるべく早期に玉穂庁舎 健康推進課へ提出してください。
 (来年度以降は、治療終了した日の属する年度の3月31日までになる予定)

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせはこちらまで
(c)copyright 2006-2017 Chuo City All right reserved.