中央市ホームページ

モノクロデザインに変更文字を小さく文字を大きく

検索フォーム

メインメニュー

メニュー

コンテンツ

暮らしの便利帳

不妊治療費等助成について

 市では、これまで特定不妊治療(体外受精および顕微授精)を受けたご夫婦に治療費の一部助成をしてきましたが、平成29年4月から「一般不妊治療」を行った場合も含め助成が受けられるようになりました。なお、男性不妊治療についても継続されています。詳しくは下記をご参照ください。

【対象者】

 ・中央市にどちらか一方又は、双方が助成金の申請日において本市に1年以上住所がある方で医療機関において不妊症と診断されたご夫婦。

 ・特定不妊治療及び一般不妊治療(タイミング法、人工授精、検査・診察、画像診断・処置、投薬等)を行っている方。

 ・市税及び国民健康保険税等を滞納していない方。

【助成金の額等】

 ・1回の治療に要した医療費の自己負担額((県から助成を受けたときは、その受けた額を控除した額)の2分の1を乗じて得た額(上限10万円)で、1年度当たり2回までとし通算5年度

 *治療期間は、継続して何回かの治療を受けている場合には、まとめて1回の治療(同年  度内)と考えて構いません。ただし、医師の判断によるやむを得ない場合でなく治療を中  断された場合は、その時点で一旦治療が終了したものと考えます。
 *男性不妊治療は当該不妊治療に要した医療費の自己負担額に2分の1を乗じて得た額  (上限5万円)で同一の夫婦に対し1年度当たり2回までとし、通算して5年度まで。

【申請方法】

 ~必要な書類~
 
 ① 中央市不妊治療費等助成金交付申請書(様式第1号)
 ② 中央市不妊治療費等助成金受診証明書(様式第2号)
 ③ 医療機関の発行する領収書及び明細書(原本)
 ④ 健康保険証の写し
 ⑤ 山梨県の助成を受けている場合は、承認通知書の写し
 ※ 必要に応じてその他の書類を添付していただく場合があります

 ・申請は、治療期間が終了した日の属する年度の3月31日までに玉穂庁舎 健康推進課   へ提出してください。
 ・平成29年4月1日以降に開始した治療が対象になります。
 

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせはこちらまで
(c)copyright 2006-2017 Chuo City All right reserved.