中央市ホームページ

モノクロデザインに変更文字を小さく文字を大きく

検索フォーム

メインメニュー

メニュー

コンテンツ

暮らしの便利帳

児童手当の目的

 児童手当は、父母その他の保護者が子育てについての第一義的責任を有するという基本的認識の下に、児童を養育している者に支給することにより、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的とする制度です。


この記事に関するお問い合わせはこちらまで

支給対象

 中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童を養育している方で、中央市に住民登録のある方、および外国人登録をしている方(短期滞在者を除く)

 ※公務員の方は、勤務先から支給されます。


この記事に関するお問い合わせはこちらまで

支給月額・支給時期

■支給月額

3歳未満・・・15,000円(一律)
3歳以上小学校修了前・・・10,000円(第3子以降は15,000円)
中学生・・・10,000円(一律)

※「第3子以降」とは、18歳の誕生日後最初の3月31日までの養育している児童のうち、3番目
 以降をいいます。

※児童を養育している方の所得が所得制限限度額以上の場合は、特例給付として月額一律
 5,000円を支給します。


■支給時期

 ・ 6月期 (2・3・4・5月分)
 ・10月期(6・7・8・9月分)
 ・ 2月期 (10・11・12・1月分)


この記事に関するお問い合わせはこちらまで

所得制限

 平成24年6月分(平成24年10月支給分)以降は、所得制限が導入され、受給者の所得が所得制限限度額以上の場合、特例給付として児童1人当たり月額一律5,000円を支給します。

扶養親族等の数 所得制限限度額(万円) 収入額(万円)
(給与所得者の目安)
0人 622.0 833.3
1人 660.0 875.6
2人 698.0 917.8
3人 736.0 960.0
4人 774.0 1002.1
5人 812.0 1042.1

この記事に関するお問い合わせはこちらまで

申請について

■はじめに行うこと
 
 ※認定請求※

 お子さんが生まれたり、他の市区町村から転入したときは、「認定請求書」の提出が必要です。児童手当等は、原則、認定請求した月の翌月分からの支給となりますが、出生日や転入した日(異動日)が月末に近い場合、申請日が翌月になっても異動日の翌日から15日以内であれば、申請月分から支給します。
 出生・転出予定日の翌日から数えて「15日以内」に申請してください。


  ○手続きに必要なもの
    ・ 印鑑(認印で可。ただしスタンプ式は不可)
    ・ 請求者の健康保険証(または年金加入証明書)
    ・ 請求者名義の振込先のわかるもの
    ・ 本人確認書類(平成28年1月1日以降申請かつ認定請求書を提出される場合)
    ※個人番号カードまたは、通知カード(または個人番号入り住民票)と身元確認書類
    →身元確認書類は顔写真付の公的証明書(運転免許証、パスポート等)なら1点、
     顔写真がない公的証明書(健康保険証、年金手帳等)なら2点必要です。
  
  
   【今年の1月1日に中央市に住民票がなかった方】
    ・ 児童手当用の所得課税証明書(前住所地へ請求してください)
    →1月から5月分の請求の場合は、前々年の所得課税証明書が必要になります。


   この他、必要に応じて提出する書類があります。


 ※手続きが遅れると、手当の支給開始月が遅れる場合がありますのでご注意ください。

■次のようなときは、手続きが必要です。


  ・ 他の市区町村に住所が変わるとき

  ・ 出生等により、養育するお子さんが増えたとき

  ・ 離婚等により、お子さんを養育しなくなったとき

  ・ 受給者が公務員になったとき、公務員でなくなったとき

  ・ 氏名や金融機関等の変更があったとき 等


この記事に関するお問い合わせはこちらまで

その他の規定

 新しい児童手当制度でも、引き続き以下の規定が適用されます。

 
 ○児童に対する国内居住要件
  お子さんが海外に住んでいる場合は、原則として児童手当を受け取ることはできません。
  ただし、お子さんが海外の学校に留学している方は、手当を受け取ることができる場合があ
  ります。


 ○児童養護施設に入所している児童等について
  お子さんが児童養護施設などに入所している場合里親などに委託されている場合は、原則
  としてその施設の設置者や里親などに支給します。


 ○未成年後見人や父母の指定する者へ、父母と同様の要件で手当を支給
  未成年後見人や、父母指定者(父母等が海外に居住している場合に、父母等が指定した
  者)についても、父母と同様の要件で手当を支給します。


 ○児童と同居している者を優先して手当を支給
  父母が離婚協議中などにより別居している場合は、申立により児童と同居している者に
  手当を支給します。ただし、仕事上の出張や転勤等で単身赴任している場合は除きます。


この記事に関するお問い合わせはこちらまで

寄附について

 児童手当等は、法律により手当の支払いを受ける前に、全部又は一部を中央市に寄附することができます。
 寄附は子ども・子育て支援の事業のために、活用させていただきます。
 寄附をご希望される場合は、子育て支援課までご連絡ください。


この記事に関するお問い合わせはこちらまで

現況届について

 現況届は、毎年6月1日の状況を把握し、6月分以降の児童手当等を引き続き受ける要件(児童の監督や保護、生計同一関係など)を満たしているかどうかを確認するためのものです。
 提出がない場合には、6月分以降の手当が受けられなくなりますので、ご注意ください。


 

【現況届に必要な添付書類】


 ○請求者が被用者(会社員など)の場合
     →健康保険被保険者証の写しなど(または年金加入証明書)


 ○その年の1月1日に中央市に住民登録のなかった方
     →前住所地の市区町村長が発行する児童手当用所得証明書(前年分)


 ※この他にも、必要に応じて提出していただく書類があります。


この記事に関するお問い合わせはこちらまで
(c)copyright 2006-2017 Chuo City All right reserved.