中央市ホームページ

モノクロデザインに変更文字を小さく文字を大きく

検索フォーム

メインメニュー

メニュー

コンテンツ

暮らしの便利帳

予防接種について(B類疾病)

◆◆◆予防接種について◆◆◆

 予防接種はこれまで、多くの疾病の流行の防止に大きな成果をあげ、感染症対策上、極めて大きな役割を果たしています。

 健康・医療では、疾病が重症化しやすい高齢者を対象とした予防接種(B類疾病)について説明します。

 予防接種には、予防接種法に基づく「定期接種」および「臨時接種」と、予防接種法に基づかない「任意接種」があります。

●定期接種
 法律によって、接種を受ける年齢や回数、間隔等が定められている予防接種です。

〇A類疾病 ※詳しくは、暮らしの便利帳「子育て」内の予防接種をご覧ください。
 ・ヒブワクチン
 ・小児用肺炎球菌ワクチン
 ・四種混合(ジフテリア・破傷風・百日咳・不活化ポリオ混合)もしくは不活化ポリオ
 ・二種混合(ジフテリア・破傷風)
 ・麻しん風しん混合もしくは麻しん・風しん単抗原
 ・日本脳炎
 ・子宮頸がん予防ワクチン
 ・水痘ワクチン
  ・BCG
  ・B型肝炎ワクチン

〇B類疾病
 ・高齢者インフルエンザ
 ・高齢者の肺炎球菌感染症

 B類疾病とは、個人予防、すなわち、個人の発病・重症化防止目的に比重を置いた疾病です。
 対象者は、自らの意思と責任で接種してください。
 対象者の意思確認が困難な場合は、家族又はかかりつけ医の協力により対象者本人の意思確認をすることは認められていますが、接種を希望することが確認できた場合に限り接種を行うことができます。

●臨時接種
 病気が流行するおそれがある場合に行われる予防接種で、公費による助成が行われます。

●任意接種
 上記以外に、希望によって受けるものです。それぞれの予防接種には、接種時期がありますので、かかりつけ医にご相談ください。公費での助成がある場合を除き、自己負担です。

 ・おたふくかぜ
 ・ロタウイルス
 ・季節性インフルエンザ※高齢者インフルエンザの対象以外 など


◆◆◆予防接種を受けるには◆◆◆

 定期接種を受けるためには、市で発行する予診票が必要です。接種費用の一部を公費負担し、残りは自己負担です。

 対象者には、事前に予診票をお配りしています。お手元にない場合は健康推進課までお問い合わせください。

 個別に医療機関を予約し、接種してください。
※契約医療機関についてご不明な点は、かかりつけ医療機関もしくは健康推進課までお問い合わせください。


◆◆◆予防接種の対象者、接種回数、接種期間、接種費用等について◆◆◆

 以下のとおりです。詳細をご確認ください。


この記事に関するお問い合わせはこちらまで

高齢者インフルエンザ予防接種

【対象者】

①接種日に65歳以上の人

②接種日に60歳~64歳の人であって、心臓、腎臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障がいを有する人及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障がいを有する人

【接種回数】

 1年に1回

【接種期間】

 10月1日~翌年1月31日

【助成金額】

 2,000円(接種費用のうち、差額は個人負担になります。)
※生活保護受給者及び特定中国残留邦人等支援給付受給者は、予防接種費免除券を事前に申請し、予診票とともに免除券を持参した場合に、市が接種費用の全額を負担します。

【接種方法】

 予診票記入の上、医療機関に事前に予約をして接種してください。

【持ち物】

 インフルエンザ予防接種予診票(事前に記入)
 保険証
※生活保護等受給者は、予防接種費免除券


この記事に関するお問い合わせはこちらまで

高齢者の肺炎球菌感染症予防接種

【対象者】

①平成26年度から平成30年度までの間は、当該年度の末日(3月31日)に各65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳の人

②接種日に60歳〜64歳の人であって、心臓、腎臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障がいを有する人及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障がいを有する人

※ただし、既に肺炎球菌感染症のワクチンを接種した人は対象に含まれません。

※平成31年度からは、当該年度の末日(3月31日)に65歳の人(予定)

【接種期間】

 該当する年度中に1回

【助成金額】

 5,000円(接種費用のうち、差額は個人負担になります。)
※生活保護受給者及び特定中国残留邦人等支援給付受給者は、予防接種費免除券を事前に申請し、予診票とともに免除券を持参した場合に、市が接種費用の全額を負担します。

【接種方法】

 予診票記入の上、医療機関に事前に予約をして接種してください。

【持ち物】

 高齢者の肺炎球菌感染症予防接種予診票(事前に記入)
 保険証
※生活保護等受給者は、予防接種費免除券

(参照)平成29年度の対象者

 65歳  昭和27年4月2日 ~ 昭和28年4月1日生まれの人
 70歳  昭和22年4月2日 ~ 昭和23年4月1日生まれの人
 75歳  昭和17年4月2日 ~ 昭和18年4月1日生まれの人
 80歳  昭和12年4月2日 ~ 昭和13年4月1日生まれの人
 85歳  昭和7年4月2日 ~ 昭和8年4月1日生まれの人
 90歳  昭和2年4月2日 ~ 昭和3年4月1日生まれの人
 95歳  大正11年4月2日 ~ 大正12年4月1日生まれの人
 100歳 大正6年4月2日 ~ 大正7年4月1日生まれの人

※ただし、既に肺炎球菌感染症のワクチンを接種した人は対象に含まれません。


この記事に関するお問い合わせはこちらまで
(c)copyright 2006-2017 Chuo City All right reserved.