中央市ホームページ

モノクロデザインに変更文字を小さく文字を大きく

検索フォーム

メインメニュー

メニュー

コンテンツ

暮らしの便利帳

木造住宅耐震診断

 中央市では地震に強いまちづくりを促進するため、昭和56年5月以前に在来工法で着工された木造住宅について無料で耐震診断を実施しています。
 対象とならない住宅もありますので、詳細につきましては建設課までお問い合わせください。


○対象となる住宅
・昭和56年5月31日以前に着工し、木造在来工法で建築されたもの
・併用住宅の場合は、延べ床面積の半分以上が住宅に使用されているもの
・2階建て以下のもの
・市内に住所を有する耐震診断希望者が所有し、居住しているもの
○調査費用
 無料
○診断者
 市が委託した山梨県木造住宅耐震診断技術者が診断を行います
○診断内容
 山梨県木造住宅耐震診断マニュアルにより行います
 住宅の外観、間取り、構造を調べるために天井裏を見る事があります
○その他
 市税等を滞納していないこと
 建築当時の建築確認申請などの図面がありましたらご用意ください
○申込方法
 申請書に必要事項を記入、捺印し建設課まで提出してください


この記事に関するお問い合わせはこちらまで

木造住宅耐震化補助事業

 耐震診断の結果、耐震性の無い木造住宅に対し、耐震改修のための設計、耐震改修工事、耐震シェルターの設置工事の費用の一部を補助します。
 詳細につきましては建設課までお問い合わせください。


■木造住宅耐震改修設計支援事業
○対象住宅
・耐震診断の結果、総合評点が1.0未満と診断された住宅
○補助金額
・耐震改修設計費の2/3以内で補助金限度額20万円


■木造住宅耐震改修事業
○対象住宅
・耐震診断の結果、総合評点が1.0未満と診断された住宅
○対象工事
・基礎、柱、はり、筋かい(耐力壁)等による補強改修工事
・補強計画策定費(一般耐震診断、補強設計)も含みます。
・増、改築工事及び耐震性を伴わないリフォーム等の工事は除きます。
○補助金額
・耐震改修工事費(補助工事にかかる工事費及び設計、補助計画費)の2/3以内で補助金限度額120万円


■木造住宅耐震シェルター設置事業
○対象住宅
・耐震診断の結果、総合評点が0.7未満と診断された住宅
○対象工事
・住宅が倒壊しても安全な空間を確保する耐震シェルターの設置工事
○補助金額
・耐震改修設計費の2/3以内で補助金限度額24万円


■共通事項
・市税等を滞納していないこと
・申請年度中に補助事業に係わる全ての工事が終了するもの
・お申し込みは事前に建設課へ相談の上、必要事項を記入のうえ提出してください


この記事に関するお問い合わせはこちらまで
(c)copyright 2006-2017 Chuo City All right reserved.