中央市ホームページ

モノクロデザインに変更文字を小さく文字を大きく

検索フォーム

メインメニュー

メニュー

コンテンツ

暮らしの便利帳

予防接種について

◆◆◆予防接種について◆◆◆

 予防接種はこれまで、多くの疾病の流行の防止に大きな成果をあげ、感染症対策上、極めて大きな役割を果たしています。

 子育てでは、お母さんから赤ちゃんにプレゼントされた病気に対する抵抗力(免疫)は、百日せきでは生後3ヵ月までに、麻しん(はしか)では生後12ヵ月までにほとんど自然に失われていきます。
 そのため、この時期を過ぎると、赤ちゃん自身で免疫をつくって病気を予防する必要があります。その助けとなるのが、予防接種です。

 予防接種には、予防接種法に基づく「定期接種」および「臨時接種」と、予防接種法に基づかない「任意接種」があります。

●定期接種
 法律によって、接種を受ける年齢や回数、間隔等が定められている予防接種です。

 乳幼児の場合、接種対象者(保護者)には「接種を受けるように努める義務」がありますが、最終的に「受ける、受けない」の判断は接種対象者(保護者)にゆだねられています。

 疾病の予防には、接種年齢や回数、間隔等に従って確実に受けることが大切です。
 指定医療機関へ予診票を持参すると無料で接種を受けることができます(ただし、接種年齢や回数、間隔等を外れた場合は、全額自己負担での接種になります)。

〇A類疾病
 ・ヒブワクチン
 ・小児用肺炎球菌ワクチン
 ・四種混合(ジフテリア・破傷風・百日咳・不活化ポリオ混合)もしくは不活化ポリオ
 ・二種混合(ジフテリア・破傷風)
 ・麻しん風しん混合もしくは麻しん・風しん単抗原
 ・日本脳炎
 ・子宮頸がん予防ワクチン
 ・水痘ワクチン
 ・BCG
 ・B型肝炎ワクチン

〇B類疾病 ※詳しくは、暮らしの便利帳「健康・医療」内の予防接種をご覧ください。
 ・高齢者インフルエンザ
 ・高齢者の肺炎球菌感染症

●臨時接種
 病気が流行するおそれがある場合に行われる予防接種で、公費による助成が行われます。

●任意接種
 上記以外に、希望によって受けるものです。それぞれの予防接種には、接種時期がありますので、かかりつけ医にご相談ください。公費での助成がある場合を除き、自己負担です。

 ・おたふくかぜ
 ・ロタウイルス
 ・季節性インフルエンザ など


◆◆◆予防接種を受けるには◆◆◆

 定期接種を受けるためには、市で発行する予診票が必要です。

 乳幼児の場合、出生、もしくは転入時に予診票をお配りしています。お手元にない場合は健康推進課までお問い合わせください。

 個別に医療機関を予約し、接種してください。
※契約医療機関についてご不明な点は、かかりつけ医療機関もしくは健康推進課までお問い合わせください。

 乳幼児の場合、必ず保護者の同伴で受けるようにしましょう。


◆◆◆予防接種スケジュール◆◆◆

 接種年齢や回数、間隔等を外れると全額自己負担になるだけでなく、予防接種による健康被害に対する補償が受けられない場合があります。

 乳幼児の場合、添付ファイル「保健事業年間予定表」の中段、予防接種事業のスケジュール表をもとに、子どもの体調、病気の流行状況をみて、かかりつけ医と相談して予防接種の計画を立てましょう。

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせはこちらまで

日本脳炎予防接種対象者拡大について

◆◆◆日本脳炎の積極的な勧奨の差し控えからの再開に伴う、特例措置について◆◆◆

 日本脳炎の予防接種は平成17年より積極的な接種勧奨を差し控えていましたが、新しいワクチンが開発され接種が再開されました。
 下記のとおり特例措置がありますので、接種機会を逃してしまったか母子健康手帳で確認し、お子さんの体調が良い時に予診票と母子健康手帳を持参して病院で接種しましょう。

 接種の際はあらかじめ病院に電話をして予約をしてから受診しましょう。
 予診票がお手元にない場合は、玉穂庁舎健康推進課で発行していますので、必ず母子健康手帳を持参し来所してください。

●特例措置
①平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの人(省令附則第5条対象者)
 上記の生年月日の人で、日本脳炎予防接種を計4回(Ⅱ期まで)接種が終了していない場合には、20歳になるまでの間、残りの接種を公費負担で受けられます。
※20歳を過ぎてしまうと、全額実費となりますのでご注意ください。

 詳細な接種スケジュールは下の添付ファイルをご確認していただくか、健康推進課までお問い合わせください。

関連ファイル

②平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれの人(省令附則第4条対象者)
 上記の生年月日の人で、生後半年から7歳半までの間に日本脳炎予防接種の第1期(1回目、2回目、追加)の接種が終了していない場合には、9歳から13歳未満の間(日本脳炎予防接種第2期の接種期間)に第1期の予防接種の不足分の回数を公費負担で受けられます。
※13歳を過ぎてしまうと、全額実費となりますのでご注意ください。

 詳細な接種スケジュールは下の添付ファイルを確認していただくか、健康推進課までお問い合わせください。

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせはこちらまで

子宮頸がん予防ワクチンは積極的な勧奨を差し控えています

◆◆◆子宮頸がん予防ワクチンの積極的な勧奨の差し控えについて◆◆◆

 平成25年4月1日から、子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピローマウイルス感染症ワクチン)が定期予防接種(公費負担)の対象となりましたが、平成25年度第2回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会(6月14日開催)において、ワクチンとの因果関係を特定できない持続的な疼痛が本ワクチンの接種後に特異的に見られたとの報告が集積されたため、副反応であるとすれば発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではない、と提言されました。

 現在、子宮頸がんワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。
 
 定期予防接種を中止するものではありませんので、希望する人は接種を受けられます。その場合は、ワクチンの有効性と副反応のリスクをご理解のうえ、予防接種をお受けください。

関連ファイル

◆◆◆HPVワクチン相談窓口(厚生労働省)◆◆◆

 厚生労働省が設置した相談窓口で、子宮頸がん予防(HPV)ワクチンの接種についての相談に応じています。

○電話番号

  03-5524-8137

○受付日時

  月曜日~金曜日 午前9時~午後9時

※ただし、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)を除く

〇ホームページアドレス

  http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/

◆◆◆ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に症状が生じた方に対する相談窓口(山梨県)◆◆◆

 山梨県が設置した相談窓口で、子宮頸がん予防ワクチンの予防接種後に症状が生じた人からの、医療、生活、教育等多岐にわたる相談を一元的に受け付け、個別の状況に応じて柔軟に対応しています。

○設置場所

①衛生部局(医療、活救済制度等に関する相談受付)
  福祉保健部康増進課 TEL 055 -223 -1494

②教育部局(、学校生活等に関する相談受付)
  教育庁スポーツ健康課 TEL 055 -223 -1785

○受付日時

  月曜日~金 午前9時~正午、午後1時~5時
※祝日、年末始( 12 月29 日から 1月3日)を除く


この記事に関するお問い合わせはこちらまで
(c)copyright 2006-2017 Chuo City All right reserved.