中央市ホームページ

モノクロデザインに変更文字を小さく文字を大きく

検索フォーム

メインメニュー

メニュー

コンテンツ

暮らしの便利帳

一般介護予防事業

対象者  65歳以上の高齢者・その者の支援のための活動に関わる者
利用料  無料

■健康まなびや
 手芸、運動、閉じこもり予防又は口腔等の教室

■脳若返り教室
 iPadを用いた認知症予防の教室

■ふれあい健康熟
 公民館や公会堂での介護予防のための健康体操等

■公民館サロン
 地域の方々が立ち上げた公民館でのサロン

■健康体操サポーター養成講座
 地域で中心となって高齢者を支援する人材を育成

■転ばぬ先のアドバイス事業
 リハビリ専門職の関わりにより、日常生活の活動を高め、家庭や社会への参加を促し、それによって一人一人の生きがいや自己実現の為の取組を支援して、生活の質の向上を目指していきます

※各事業の詳細は広報等に掲載しますので、ご確認ください。


この記事に関するお問い合わせはこちらまで

介護支援ボランティア事業

 高齢者が介護施設等でボランティア活動をし、自身の健康増進、介護予防及び生きがいづくりにしてもらうと同時に、行った活動に応じてポイントを付与、これに対して交付金等を支給します。

【登録できる人】
 市内在住の65歳以上の人(市介護保険第1号被保険者)

【活動内容】
(1)レクリエーション等の指導、参加支援
(2)お茶出し等の補助
(3)散歩、外出、館内移動の補助
(4)施設の催事に関する手伝い(模擬店、会場設営、利用者の移動補助等)
(5)芸能披露(歌、踊り、演奏等)
(6)話し相手、傾聴
(7)施設職員と共に行う軽微かつ補助的な作業
(8)中央市地域包括支援センターが実施又は委託する介護予防事業
(9)その他、市長が必要と認める活動
 ※詳しい活動の内容や時間等については、各受入施設等の条件により異なります。

【制度の流れ】
①ボランティア登録
 中央市社会福祉協議会で登録し、介護支援ボランティア手帳を受け取ります。
②ボランティア活動
 登録者がボランティア活動を行う施設等に活動内容の打ち合わせをして活動を行います。
③手帳にスタンプを貰う
 活動終了後、手帳に施設等の担当者から「活動確認スタンプ」を押印してもらいます。
 ※1時間に付き1スタンプ(最高1日2スタンプ)
④集めたスタンプをポイントに交換
 手帳を中央市社会福祉協議会に提出し、評価ポイントに換え、活用申請をします。
 ※スタンプ1つで100ポイント、また1年間の交付ポイントの上限は一人5,000ポイントです。
 ※評価ポイント活用申請手続きは翌年4月1日から4月30日まで
⑤評価ポイントに応じて交付金が交付
 申請に基づき、交付金等が交付されます。
 ※交付金等が支給されるのは介護保険料の未納又は滞納がない方に限ります。

【登録申請場所】
 中央市社会福祉協議会(中央市下河東620 玉穂総合会館内)

【お問い合わせ】
 中央市社会福祉協議会 ℡ 274-0294
 中央市地域包括支援センター ℡ 274-8558


この記事に関するお問い合わせはこちらまで
(c)copyright 2006-2017 Chuo City All right reserved.