中央市ホームページ

モノクロデザインに変更文字を小さく文字を大きく

検索フォーム

メインメニュー

メニュー

コンテンツ

暮らしの便利帳

中央市地域包括支援センターにご相談ください!

中央市地域包括支援センターでは、介護に関する相談、心配事や悩み以外にも健康、福祉、医療や生活に関することなど様々な課題に対して総合的なマネジメントを担い、課題会計に向けた取り組みを実践していくことを主な業務としています。
地域包括支援センターの職員としては、主任介護支援専門員、保健師、社会福祉士、事務が配置され、地域ネットワークの構築、個別サービスのコーディネート、地域支援事業等を行う機関として活動していますので、いつでもお気軽にご相談ください。

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせはこちらまで

介護予防・日常生活支援総合事業

 中央市では、平成27年4月から介護予防・日常生活支援総合事業(以下「総合事業)を開始しました。
 総合事業は、「介護予防・生活支援サービス事業」と「一般介護予防事業」で構成され、介護保険の認定を受けなくても、一人ひとりの生活に合わせた柔軟なサービスを気軽に利用することができます。

【介護予防・生活支援サービス事業】
○訪問型サービス
・自立支援ホームヘルプサービス
 掃除、洗濯等の生活援助等を行うサービスです。

・ほっと。スマイルサービス
 住民主体の自主活動として生活援助等を行うサービスです。

・在宅相談サービス
 看護師等による居宅での訪問指導を短期間で行うサービスです。

○通所型サービス
・コミュニティサロン
 茶話会、趣味活動、運動、レクリエーション等を行うサービスです。

・ふれあいデイサービス中央
 運動機能向上等のためのプログラム等を行うサービスです。

・コミュニティスペース
 体と気分をほぐすストレッチや脳トレ、体を作る筋トレを音楽に合わせて楽しく行います。

・げんき体操会
 健康体操サポーターの会「げんきかい」による集いの場です。

○その他の生活支援サービス
・見守り通報サービス
 急病又は事故等の緊急時の救護に加え、常駐看護師による相談等を24時間体制で行うことができ、安心な生活が送れるように支援します。

・自立支援住宅改修支援事業
 日常生活を送る住宅における手すり、スロープ等による段差の解消、介護保険法に準ずる福祉用具の購入等に対し、費用の助成を行います

・友愛訪問
 安否確認が必要な高齢者の声かけ、見守りを行います。

【一般介護予防事業】
○介護予防普及啓発事業
・健康まなびや
 手芸、運動、栄養、口腔又は認知症予防等のテーマの介護予防教室です。

・脳若返り教室
 タブレット端末iPadを使った認知症予防の教室です。

・畑楽人(はたらくひと)
 遊休農地を活用し、農業に興味のある方を募集します。会社等を定年退職した人やUターンで帰京した人が元気に地域で暮らすことができるよう、また自然の中で脳(農)作業に取り組むことで健康及び体力作りの一助になります。これからも地域の担い手としてご活躍していただき、第2の人生、楽しい毎日を過ごしていただけますよう新しいライフスタイルを応援します。

・ふれあい健康熟
 各公民館や各公会堂を巡回し、介護予防のための健康体操等を行います。

・さくら会
 筋力低下を予防するための教室です。

○地域介護予防活動支援事業
・介護予防ボランティア(ポイント)
 介護施設等でボランティア活動することで、自身の健康増進、介護予防、生きがいづくりになるとともに、行った活動に応じてポイントが付き、これに対して交付金等を支給します。

・健康体操サポーター養成講座
 地域で中心となって高齢者を支援する人材を育成します。修了後は、健康体操サポーターの会「げんきかい」に参加し、活動します。

○地域リハビリテーション活動支援事業
・転ばぬ先のアドバイス事業
 リハビリ専門職の関わりにより、日常生活の活動を高め、家庭や社会への参加を促し、それによって一人ひとりの生きがいや自己実現のための取り組みを支援して、生活の質の向上を目指していきます。

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせはこちらまで

任意事業

【家族介護用品支給事業】
 高齢者を在宅で介護しているご家族に対し、介護用品(おむつ等)の購入費の一部を助成します。

○対象者
 中央市内に住所を有する要介護4以上と認定された人を、在宅で介護している人
 ※医療入院や施設入所等をしている場合は対象となりません。

○対象となる介護用品
 おむつ、おむつパッド、使い捨て手袋、おしりふき、ドライシャンプー、失禁パンツ、おむつカバー、防水シーツ、清拭剤
※申請後、利用決定を受けた後に購入したものが対象となります。

○給付
 償還払いで1人最高10万円
 ※申請時期等により給付額は異なります。


この記事に関するお問い合わせはこちらまで

見守りSOSネットワーク事業

 行方不明が発覚した時に事前に登録してある容姿の特徴などの情報を消防署や地域の協力機関に伝え、捜索に協力してもらうためのネットワークです。登録情報は事前に警察と共有するため、警察への通報、捜索依頼もスムーズにできます。行方不明者を一刻も早く発見し、家族の元へ帰れるよう地域全体で見守るこのシステムを利用することで、認知症の人の命を守ります。

○登録方法
 別添「中央市見守りSOSネットワーク登録届用紙」と写真2枚(顔、全身)を中央市地域包括支援センターまで提出してください。
※登録の際は、ご説明させていただくこともありますので、一度ご連絡ください。

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせはこちらまで

オレンジカフェ

 認知症の方とその家族の皆さんが気軽に相談できて、集える場所としてオレンジカフェを開催しています。認知症のご家族との毎日は戸惑いや悩みなど多いことと思います。不安や悩みを介護経験者に相談したい、話を聴いてほしい、介護から少し離れて息抜きしたいなどの気持ちを添える場です。お茶を飲みながら一緒に過ごしましょう。

○日時
 毎月第4金曜日 午後1時30分~4時00分
 ※時間内の出入りは自由です。

○場所
 玉穂総合会館 1階 多目的室1-4


この記事に関するお問い合わせはこちらまで
(c)copyright 2006-2017 Chuo City All right reserved.