中央市ホームページ

モノクロデザインに変更文字を小さく文字を大きく

検索フォーム

メインメニュー

メニュー

コンテンツ

暮らしの便利帳

中央市・昭和町障がい者相談支援センター

 「障害福祉サービスの利用方法がわからない」、「将来や就職のことが心配」、「健康管理に不安がある」、「自分の居場所が見つからない」・・・障がいを持つ方の相談については、これまで個別に各担当者が対応していましたが、平成24年5月より中央市と昭和町が共同で相談支援センターを設置しました(愛称:穂のか)。
 専門知識を持った障がい者相談支援員が対応いたします。相談に係る費用は無料です。お気軽にご相談ください。

関連ファイル

【利用できる方】
中央市・昭和町に住民登録があり、障がいを持つ方やそのご家族、関係者等。
*障がいの種別や障害者手帳の有無は問いません。

【相談・支援内容】
○日常生活や社会参加などの一般的な相談に関すること。
○福祉サービスに係る情報提供、利用援助に関すること。
○専門機関の紹介に関すること。
○権利の擁護のために必要な援助に関すること。
○地域移行・地域定着支援に関すること。
○虐待に関すること。
○その他障がい福祉に関すること。                
              
【利用時間】
平日の午前8時30分から午後5時15分
(土曜・日曜・祝際日と年末年始を除く)

【利用方法】
来所・訪問・電話・FAX・メール等で相談支援をおこないます。

中央市・昭和町障がい者相談支援センター「穂のか」
中央市成島2266番地 中央市役所玉穂庁舎敷地内北側 事務所(添付ファイル参照)
Tel:055―274-1100
Fax:055―274-1103
Mail:








 

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせはこちらまで

中央市・昭和町障がい者相談支援センター事業計画

1 事業概要
 障がい児(者)の自立と地域生活の推進を図るための拠点として、基幹相談支援センターを中央市・昭和町合同で設置し、相談や各種サービスの利用援助や調整、社会資源の活用及び情報提供等の実施に必要な支援、関係機関との連携等を行う。

2 対象者
 中央市・昭和町にお住いの障がい児(者)及びその家族、支援者
 地域の相談支援事業所及び障害福祉に関わる関係機関

3 業務内容 (詳細は裏面参照)
 ①総合的・専門的な相談支援の実施
 ②地域の相談支援体制の強化の取り組み
 ③地域移行・地域定着の促進の取り組み
 ④権利擁護・虐待の防止
 ⑤地域づくりに向けた取り組み
 ⑥情報発信に向けた取り組み
 ⑦理解促進研修・啓発
 ⑧自発的活動支援

問い合わせ

中央市・昭和町障がい者相談支援センター「穂のか」
Tel:055-274―1100  Fax:055-274-1103
Mail:  

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせはこちらまで

れんげ会(障がい者当事者交流会)について

 当事者同士の交流の場として「れんげ会」を開催しています。
 障がいのある人達が、社会と繋がる第一歩として、身近な地域で障がいの種別に関係なく、不安や疑問を相談したり、自由に話したり、楽しく参加できる会です。
 気軽にご参加ください。

【利用できる方】
中央市・昭和町に住民登録があり、障がいにかかる手帳や診断のある人、難病認定されている人。

【開催日時・場所】
偶数月第3金曜日 午後2時から
中央市・昭和町障がい者相談支援センター「穂のか」
中央市成島2266番地 中央市役所玉穂庁舎敷地内北側 事務所(添付ファイル参照)

奇数月第4又は第3土曜日 午後2時から
中央市玉穂総合会館  中央市下河東620番地(添付ファイル参照)   

※詳細については添付ファイルをご確認ください。

【利用方法】
電話・FAX・メール等にて事前にご連絡ください。(定員10人)

申し込み・問い合わせ
中央市・昭和町障がい者相談支援センター「穂のか」
Tel:055-274-1100
Fax:055-274-1103
Mail:

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせはこちらまで

穂のか通信

中央市・昭和町障がい者相談支援センターは、地域でお住すまいの障がい者やご家族の方が日常生活において困ったことなどを相談したり、地域の事業所さんのスキルアップ等を支援するために、平成24年5月に設置しました。
この度、穂のか通信第1号を発行する運こびとなりました。この通信をご覧頂ただき、センターへのご理解とご利用を頂ただければと思います。

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせはこちらまで

防災学習会、「みんなで考える地域防災~その時あなたは~」の開催について

 中央市・昭和町障がい者相談支援センターでは、「みんなで考える地域防災~その時あなたは~」と題し防災学習会を開催します。
 昨年度、中央市・昭和町地域自立支援協議会において、「自助・共助・公助」について話し合われてきた内容を受けて、障がいを有する方や家族、地域住民が地域防災として備え等を再認識することと、必要な対応を知ることを目的として行います。
 第一部は講師に「特定非営利活動法人 災害・防災ボランティア未来会」代表 山下博史先生をお招きし「被災地の実情を通しての備え」について講演していただき、第二部では「障がい児者の防災について考える」をテーマに意見交換を行い、皆さんからの不安や疑問にお答えします。 

日 時 7月30日(土)午後2時~4時

場 所 中央市立玉穂生涯学習館 2階視聴覚ホール
     (中央市下河東1ー1)

対 象 どなたでも(参加費無料)


申し込み・問い合わせ 

中央市・昭和町障がい者相談支援センター「穂のか」
Tel:055-274―1100  Fax:055-274-1103
Mail:

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせはこちらまで

ともに生きるきっかけ学習会「高次脳機能障害ってなあに?」開催のお知らせ

 障がいを持つ方々が地域で安心して暮らせるよう、地域住民の皆様に障がいや障がい特性についての理解を深めていただくための学習会を、中央市と昭和町が合同で開催します。今回は「高次脳機能障害」に焦点を当て、「山梨県高次脳機能障害者支援センター」より 岩間英輝氏 をお招きし「高次脳機能障害ってなあに?」と題し講演会を行います。第二部はシンポジウムを行います。

日 時  8月5日(水) 午後7時~9時

場 所  昭和町総合会館 2階軽運動室(昭和町押越616昭和町総合会館)

対象者 どなたでも(参加費無料)


申し込み・問い合わせ

中央市・昭和町障がい者相談支援センター「穂のか」
Tel:055-274―1100  Fax:055-274-1103
Mail:

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせはこちらまで

権利擁護について考える座談会の開催について

 山梨県自立支援協議会の「権利擁護部会」では、障がいのある方から見た視点で、山梨県内の障がい福祉について考えていく部会として位置づけ、各市町村をまわり障がいのある方の生の声を聴き、県の施策に反映を目指す「権利擁護について考える座談会」を開催します。

【テーマ】「差別解消法を知り権利擁護について語りあおう」

【内 容】①権利擁護について(ミニ学習会)
       ②障害者差別解消法施行及び山梨県障害者幸住条例について
      ③意見交換会
      ④差別解消地域相談員・県差別解消推進員紹介

●日  時 平成29年2月28日(火) 午後1時30分から午後3時30分

●会  場 玉穂総合会館 2階 多目的ホール1

●対象者 中央市・昭和町にお住まいの障がい当事者、家族、支援者

●申込み お電話またはメール、FAXのいずれかでお申込みください。
        ※なお、直接会場にお越しいただいても構いません。

●問合わせ・申込み先
中央市・昭和町障がい者相談支援センター「穂のか」
Tel  055-274-1100
Fax  055-274-1103
Mail 
 

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせはこちらまで
(c)copyright 2006-2017 Chuo City All right reserved.