中央市ホームページ

モノクロデザインに変更文字を小さく文字を大きく

検索フォーム

メインメニュー

メニュー

コンテンツ

暮らしの便利帳

景観法に基づく行為の届出

 「中央市景観条例」が平成27年4月1日から施行されました。
 市内において、一定規模の建築物・工作物の築造、開発等の行為を行う場合は、着手30日前までに届出を行い、当該地の景観形成基準に適合しているか審査が必要となります。
 また、大規模な行為*1 を行う際には、届出前に市と事前協議を行う必要があります。

*1.大規模な行為とは、「建築物でその高さが13m又は床面積1,000㎡を超えるもの、工作物でその高さが20m又は築造面積1,000㎡を超えるもの」をいいます。

関連ファイル

※太陽光発電設備を設置する場合は、山梨県HPに「山梨県太陽光発電施設の適正導入ガイドライン」がありますので、ご参照をお願いします。
 https://www.pref.yamanashi.jp/energy-seisaku/guideline.html

・詳細は、中央市役所都市計画課へ問い合わせ下さい。


この記事に関するお問い合わせはこちらまで
(c)copyright 2006-2017 Chuo City All right reserved.