中央市ホームページ

モノクロデザインに変更文字を小さく文字を大きく

検索フォーム

メインメニュー

メニュー

コンテンツ

暮らしの便利帳

転入届

他の市区町村から中央市に住所をうつした時

■届出場所
 田富庁舎 田富窓口課
 玉穂庁舎 市民課
 豊富庁舎 豊富窓口課

■届出期間
 中央市に住み始めてから14日以内

■届出人
 本人又は同一世帯者

■届出に必要なもの
 ・転出証明書及び印鑑
 ・外国人住民の転入者全員分の在留カードまたは特別永住者証明書
 ・転入する世帯全員の通知カード、または個人番号カードを持参してください。
 ・国民年金手帳(加入者のみ)
 ・代理人の場合は、委任状

  ※本人確認をさせていただきますので、
    免許証・パスポート等官公庁発行の写真付き証明書をご持参ください。
 
  ※海外からの転入の場合、転出証明書の代わりに以下のものをご持参ください。
   ・パスポート (転入者全員分)
   ・外国人住民の転入者全員分の在留カードまたは特別永住者証明書
   ・戸籍謄本 、戸籍の附票( 中央市に本籍のある方は必要ありません)
    ※自動化ゲートを利用しパスポートに出入国記録が残らない場合は、
     飛行機搭乗券の半券等入国日が確認できるものをご持参ください。
 

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせはこちらまで

転出届

中央市から他の市区町村に住所をうつす時

■届出場所
 田富庁舎 田富窓口課
 玉穂庁舎 市民課
 豊富庁舎 豊富窓口課

■届出期間
 転出する日まで

■届出人
 本人又は同一世帯者

■届出に必要なもの
 ・印鑑
 ・国民健康保険証(加入者のみ)
 ・国民年金手帳(加入者のみ)
 ・老人医療受給者証(受給者のみ)
 ・印鑑登録証
 ・市民カード
 ・介護保険証(加入者のみ)
 ・代理人の場合は、委任状
 ・海外へ転出される方は、海外転出する世帯全員の通知カード、または個人番号カードを持参してください。

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせはこちらまで

郵送での転出手続きのしかた

転出届は郵送での手続きもできます。市役所市民課に転出届を送っていただきます。転出が届きしだい転出証明書という書類を発行し、ご本人にお送りいたします。市民課に郵送していただくものは以下のとおりです。

1. 必要事項を記入した用紙(「転出届」というタイトル、中央市での住所、転出先の住所、引っ越しをする(した)異動日、転出者全員の氏名、押印、本籍地、筆頭者名、生年月日、昼間の連絡先の電話番号などを記入してください)

2. あて先に新住所・氏名・郵便番号を明記し、392円切手を貼った定型サイズの返信用封筒
(定形郵便物の基本料金82円、簡易書留料金310円)

3. ご本人の確認ができるもの(運転免許証、健康保険証、パスポート等)のコピー

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせはこちらまで

転居届

中央市の中で住所をうつした時

■届出場所
 田富庁舎 田富窓口課
 玉穂庁舎 市民課
 豊富庁舎 豊富窓口課

■届出期間
 新住所を定めた日から14日以内

■届出人
 本人又は同一世帯者

■届出に必要なもの
 ・印鑑
 ・外国人住民の転入者全員分の在留カードまたは特別永住者証明書
 ・転居する世帯全員の通知カードまたは個人番号カードを持参してください。
 ・国民健康保険証(加入者のみ)
 ・国民年金手帳(加入者のみ)
 ・介護保険証(加入者のみ)
 ・代理人の場合は、委任状

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせはこちらまで

世帯変更届 (世帯合併・世帯分離・世帯主変更など)

世帯に関しての変更があったときの届け出です。


■届出期間
 変更があった日から14日以内

■受付時間
 土日祝日および12/29~1/3を除いた平日の8:30~17:15
■届出場所
 玉穂庁舎(市民課)
 田富庁舎(田富窓口課)
 豊富庁舎(豊富窓口課)

■届出人
 本人または世帯主(同一世帯員)
※届け出される方の本人確認をさせていただきますので、運転免許証や旅券などの官公署発行の顔写真つき身分証明書の提示をお願いします。

■持参していただくもの
 印鑑
 国民健康保険証(加入者のみ)
 後期高齢保険証(加入者のみ)
 乳幼児の受給者証(受給者のみ)
 介護保険証(加入者のみ)
 代理人の場合は、委任状
 小中学校に在学中の子どもがいる方は、教育委員会教育総務課へお問い合わせください。
 http://www.city.chuo.yamanashi.jp/kurashi/benri.php?cat_id=7

■届出方法
 「転入・転出・転居 住民異動届」(届出窓口にあります)に記入して提出する。

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせはこちらまで

住民票の写しの交付について

請求するときは、使用目的や提出先、必要な記載内容などをご確認のうえ、請求してください。


■証明書の種類
 世帯全員の住民票の写し(謄本)
 世帯の一部の住民票の写し(抄本)
※本籍や筆頭者、続柄や世帯主名、個人番号は基本的に省略していますが、記載が必要な場合は申請書に記載してください。

■受付(交付)時間
 窓口の場合
  土日祝日および12/29~1/3を除いた平日の8:30~17:15
 
 自動交付機の場合
  12/29~1/3を除いた8:00~21:00(土日祝日も利用できます。)
  ※田富庁舎:8:00~21:00、玉穂庁舎、豊富庁舎:8:30~17:15

※自動交付機を利用する場合は、本人申請により事前に窓口でカードの交付と暗証番号登録をしておく必要があります。

※個人番号及び住民票コード入りの住民票の写しは自動交付機では発行できません。

●自動交付機の終了について

 現在、各庁舎に設置しております自動交付機は平成29年3月19日を以って稼働を終了いたします。
 今後は、4月から開始しましたコンビニ交付サービスのご利用をお願いいたします。
 尚、コンビニ交付にはマイナンバーカードが必要となりますので、早めの取得をお勧めします。(カード取得に1カ月程度かかります。)

コンビニ交付について
http://www.city.chuo.yamanashi.jp/sougou/benri.php?id=435

また、自動交付機で使用している印鑑登録カードは市役所の窓口で証明書を取得するときに必要ですので、紛失しないようにして下さい。


■受付(交付)場所
 玉穂庁舎(市民課窓口および自動交付機)
 田富庁舎(田富窓口課窓口および自動交付機)
 豊富庁舎(豊富窓口課窓口および自動交付機)

■請求できる人
 本人または同一世帯員など
 権利の行使など請求する正当な理由のある者など

■持参していただくもの
 印鑑
 代理人の場合は、委任状
 権利の行使など請求する疎明資料等

■交付手数料
 すべての住民票の写し  1通300円

※本人確認をさせていただきますので、運転免許証や旅券などの官公署発行の顔写真つき身分証明書の提示をお願いします。

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせはこちらまで

住民票の写しの広域交付について

 全国のどこの市区町村でも、マイナンバーカード(個人番号カード)や住民基本台帳カード、運転免許証、パスポートなどの官公署が発行した顔写真つきの身分証明書を窓口で提示することによって、本人または住民票に記載されている同一世帯員の住民票の写しの交付を受けることができます。

◆申請できる人◆
本人、同一世帯員(住民票に記載されている方に限る)
※住民票の広域交付は、自己または自己と同一世帯に属する者に限り請求できることになっていますので、委任状などをお持ちの場合でも第三者や公用請求等は受理できません。

◆ご持参いただくもの◆
・官公署発行の写真つき身分証明書(運転免許証、パスポートなど)、マイナンバーカード(個人番号カード)や住民基本台帳カード
・認印
・手数料(申請する市町村により異なります。中央市で申請される場合1通につき300円)

◆注意事項◆
本籍・筆頭者名の情報が記載された住民票は発行できません。
土・日曜日、祝祭日、年末年始は受け付けておりません。

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせはこちらまで

住民票の写し等の郵送請求のしかた

【用意するもの】

①申請書
 別紙の申請書または、便箋に必要事項を記入してください。
 ※昼間の連絡先、電話番号を必ず記入して下さい。

②申請者の身分を証明するもの
 例)運転免許証・パスポート等官公署が発行の写真つき身分証明書の写し
 ※写真つき身分証明書をお持ちでない場合は、健康保険の被保険者証や
  各種年金証書などの写し

③手数料
 ㈱ゆうちょ銀行(郵便局)で定額小為替を、必要な金額分購入してください。
 手数料は申請書のとおりです。市町村によって金額が異なりますのであら
 かじめご確認のうえ申請してください。
 ※定額小為替には何も記入しないで下さい。

④返信用封筒
 返信用封筒に住所、氏名を記入の上、郵便切手(82円もしくは92円)を貼って下さい。
 お急ぎの場合は、速達料金を追加のうえ「速達」と赤字で記入して下さい。
 ※送付先の原則は、住民票に記載された住所です。会社等に直接返送を希望する
  場合は社員証(写真つき)の写しなど確認できる書類と理由の記載をお願いします。

⑤送付用封筒
 宛名として中央市役所市民課と記入し、郵便切手を貼ってください。
 ①・②・③・④を同封し、送付して下さい。お急ぎの場合は、速達でお送り下さい。

⑥請求事由・利用目的について
 権利や義務などのためにご請求される方は、その事実がわかる資料(契約書など)の
 写しの送付が必要となりますので、同封してください。(基本的に本人や同一世帯員
 については、請求事由や利用目的などの記入は必要ありません。)

・マイナンバーを記載した住民票の写しが必要な方は、「請求事由 利用目的」の欄にマイナンバーの記載が必要な旨と必要な理由を記入してください。(請求できるのは、本人または同一世帯の人に限ります。)

・マイナンバーを記載した住民票の写しを請求される場合は、マイナンバーが特定個人情報にあたるため、返信用封筒には簡易書留分(310円)の切手も必要です。

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせはこちらまで

住民基本台帳の一部の写しの閲覧の請求について

 住民基本台帳の一部を改正する法律が平成18年11月1日から施行され、何人でも閲覧を請求できるという現行の閲覧制度は廃止し、個人情報保護に十分留意した制度として再構築されました。住民基本台帳法の改正内容は次のとおりです。
 【閲覧することができる場合】
  1 国又は地方公共団体が法令の定める事務を遂行するために閲覧する場合
  2 統計調査、世論調査、学術研究その他の調査研究のうち公共性が高いと認められる活
   動のために閲覧する場合等
 【閲覧の手続き等の整備】
  1 閲覧の利用目的、管理方法、調査研究の成果の取扱い等の明示
  2 閲覧した事項を取扱える者の範囲の明確化
  3 目的外利用の禁止、第三者提供の禁止
  4 不正閲覧等に対する勧告、命令、報告
  5 閲覧した者の氏名、利用目的の概要等の公表
  6 偽りその他不正の手段による閲覧や目的外利用の禁止に対する違反等に対する制裁
   措置の強化

《閲覧日時》
 ・月曜日から金曜日まで(国民の祝日、12月29日から翌年1月3日間での日を除く。)
 ・午前9時から正午までと午後1時から午後4時まで
《手数料》
 ・抽出転記する住民1名につき300円
《予約方法》
 ・閲覧希望日の1週間前までに電話等で予約を受け付けます。(事前予約は閲覧希望日の
  1ヶ月前から)
 ・閲覧は半日を1単位(1回)とし、1日に2単位(2回)以内
 ・同一月8単位(4回)を限度とする。
 ・閲覧人員は、1単位(1回)について1名とする。

【提出書類】
◎国又は地方公共団体が請求する場合
  1 住民基本台帳の一部の写しの閲覧の請求について(国又は地方公共団体用)
  2 住民基本台帳の一部の写しの閲覧の請求について(犯罪捜査等)
  3 住民基本台帳閲覧利用状況報告書
◎個人又は法人が申出する場合
  1 住民基本台帳閲覧申出書
  2 誓約書
  3 住民基本台帳閲覧利用状況報告書
  4 閲覧目的又は理由を証明できる書類(世論調査等見本)
  5 法人の場合は、法人の概要がわかる資料(登記事項証明等)及び個人情報の保護に
   係る対応がわかる資料(プライバシーマークの認証等)
  6 大学等の場合は、大学等の認可がわかる証明書(学部長による証明書など)
  7 公共団体等から受託された場合は、委託契約書等の写し

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせはこちらまで

不在住証明

 不在住証明とは、「中央市保管の住民票、除住民票に記載がない」ことを証明するものです。
 主に、不動産登記関係で必要とされています。

■受付(交付)時間
 平日(月曜~金曜)の8:30~17:15

■受付(交付)場所
 玉穂庁舎(市民課)
 田富庁舎(窓口課)
 豊富庁舎(窓口課)

■交付手数料
 1通300円

■請求の時に明らかにしなければならない事項
 1、請求する理由(疎明資料など)
 2、証明してほしい方の氏名および住所
 3、不在住証明を使う方の氏名および住所
 4、窓口にお越しいただく方の氏名および住所

■請求方法
 請求するには、「住民票の写しの交付について」や「住民票の写し等の郵送請求のしかた」 の場合と同じです。

※本人確認をさせていただきますので、窓口にお越しになる方の運転免許証や旅券など官公署が発行した写真つき身分証明書の提示をお願いします。

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせはこちらまで
(c)copyright 2006-2017 Chuo City All right reserved.