中央市ホームページ

モノクロデザインに変更文字を小さく文字を大きく

検索フォーム

メインメニュー

メニュー

コンテンツ

中央市からのお知らせ

高齢者インフルエンザの予防接種を受けましょう!

2017年10月05日

インフルエンザ予防接種は、高齢者の発病予防や重症化防止に有効です。
予防接種を受けてからインフルエンザに対する抵抗力がつくまでに2週間程度かかり、その効果が持続する期間は、約5ヶ月とされています。
従って、毎年インフルエンザの流行する前の12月上旬までに接種を受けておくことが必要です。
また、65歳以上の人は1シーズン1回の予防接種で効果があります。

◇◆◇年1回の助成を利用して予防接種を受けましょう!◇◆◇

10月1日(日)より高齢者インフルエンザの予防接種を実施しています。
予防接種を希望される人は、添付ファイル「インフルエンザ予防接種を受けられる方へ」を熟読のうえ、医療機関にて期限までに接種するようお願いします。

【対象者】

①接種日に65歳以上の人
※9月30日現在で65歳以上の人には、予診票を郵送しています。
※接種期間中に65歳の誕生日を迎える人には、誕生日の前に予診票を郵送します。(ただし、65歳の誕生日前に予防接種を受けた場合は助成の対象になりません。)

②接種日に60歳~64歳の人で、心臓、腎臓もしくは呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障がいを有する人及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障がいを有する人(主に障害者手帳1級所持者)
※予防接種を希望される人は、予診票を発行しますので玉穂庁舎健康推進課、田富窓口課、豊富窓口課まで障害者手帳または医師の意見書をお持ちください。

【接種期間】

平成29年10月1日(日)~平成30年1月31日(水)

【助成金額】

2,000円(接種費用の差額を医療機関にお支払いください。)
※生活保護受給者および特定中国残留邦人等支援給付受給者は、予防接種費免除券により接種費用の全額を助成しますので、接種前に玉穂庁舎健康推進課、田富窓口課、豊富窓口課までお越しください。

【接種方法】

予診票を記入のうえ、医療機関に事前に予約をして接種してください。

【持ち物】

インフルエンザ予防接種予診票(事前に記入)
保険証
※生活保護等受給者は、予防接種費免除券も持参してください。持参しなかった場合は、接種費用の一部を負担していただきますのでご注意ください。

→お問い合わせ先
  中央市役所健康推進課 274-8542


関連ファイル

この記事に関するお問い合わせはこちらまで
  健康推進課 〒409-3893
山梨県中央市成島2266番地
TEL:055-274-8542
(c)copyright 2006-2017 Chuo City All right reserved.