はじめるつづける健康あっぷ

メタボに関する病気

高血圧症とは?

 高血圧症の基準は安静時の最高血圧が140以上または、最低血圧が90以上のことを指します。(血圧はいつも変動していますので、 1~2回計測して高いので高血圧というわけではありません。)

 放置すると、動脈硬化が進み虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)や脳卒中などの命にかかわる病気の原因になることがあります。 日本人には高血圧症の人がとても多く、約700万人もの人が治療を受けています。しかし、症状がほとんどないままに、長年掛かってひそかに血管を蝕んでい くため「サイレント・キラー」とも呼ばれる、恐ろしい病気です。


高血圧症の症状

 ほとんどの場合、高血圧症は無症状で、一部頭痛・めまい・肩こりなどの症状を呈します。実際、高血圧症の自覚症状にはほとんど特徴的 なものはないというのが実状です。

 ただし、高血圧の進展とともに、脳や心臓・腎臓・血管系などに様々な合併症をきたしてくるのが高血圧症の特徴です。症状の出現は、こうした合併症の出て きた時期であり、これらの合併症はしばしば致命的なものとなったりします。

 合併症の主なものとしては、心疾患として心肥大や心不全・虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)があり、脳血管障害として脳出血や脳梗塞・高血圧性脳症など があります。腎臓の障害もあり、腎硬化症などによって腎機能の低下が進みます。さらに大血管の障害によって大動脈瘤や解離性大動脈瘤などが引き起こされま す。