はじめるつづける健康あっぷ

メタボに関する病気

虚血性心疾患とは?

 動脈硬化が原因となる心臓の病気。生活習慣病の一つで、狭心症や心筋梗塞などに代表されます。 虚血性心疾患とは、心臓をとりかこむ冠動脈(冠状動脈)という血管がせばまって血液が通りにくくなり、心臓に十分な血液が行かない状態になり引き起こされ る疾患です。 血液を通じて摂取する、酸素や栄養が心臓を動かしている筋肉に届かず、栄養不足になり、心臓がだめになってしまいます。


虚血性心疾患の症状

 狭心症の場合は、発作時に胸部の絞扼感・灼熱感・圧迫感・不快感などがあり、その部位は胸部中央や心窩部・背部・下顎・左上肢などに 広 がります。発作の持続は数分で、動脈硬化性の場合は運動などによって誘発されることが多く、冠動脈攣縮の場合は夜間や明け方などに起こることが多いとされ ています。

 心筋梗塞の場合は、狭心症と同じような胸痛が30分以上も持続し、その程度も強いことが特徴です。時には不整脈の出現やショック状態なども起こります。


一般療法

 狭心症などの発作を防ぐためには、無理な運動をせず、熱い風呂や長湯を避け、興奮やストレスに注意するなどが肝要です。また、動脈硬化 の進展を予防するため、脂肪や塩分制限の食事、禁煙、アルコールの摂取量の注意、適度な運動などが必要です。

 心筋梗塞後の注意としては、再発予防のために動脈硬化因子の軽減を中心とする食事療法を行います。運動療法については、入院中に心臓リ ハビリテーションのスケジュールがたてられ、退院後の社会復帰や再発予防の目的を持って進められていくこととなります。