令和2年度国民健康保険被保険者証の有効期限について

令和3年度より、70歳~74歳の人が対象の高齢受給者証(有効期限7月31日)と被保険者証の一体化を予定しています。

そのため、70歳未満の人も含め令和2年度の被保険者証は従来の令和元年(平成31年)度までの被保険者証と有効期限が異なっていますのでご注意ください。

令和2年度の被保険者証の有効期限

令和2年4月1日から令和3年7月31日まで

ただし、次に該当する人の有効期限は以下のとおりとなります。

・令和3年7月31日までに75歳に達する人

有効期限は誕生日の前日までです。75歳以上の人はすべて後期高齢者医療制度の被保険者となります。誕生日までに新たな被保険者証が送付されます。

 

・在留期間満了日が令和3年7月31日より前の外国人住民の人

有効期限は在留期間満了日までです。在留期間を更新した場合は、お手続きが必要ですので、被保険者証と在留カードをお持ちの上、保険課へ来庁してください。

参考

○令和元年(平成31年)度以前の被保険者証の有効期限

4月1日から翌年3月31日まで

○令和3年度以降の被保険者証の有効期限

8月1日から翌年7月31日まで

この記事に関するお問い合わせ先

保険課 国民健康保険担当
〒409-3892 中央市臼井阿原301番地1
電話:055-274-8545
ファックス:055-274-1124

メールでのお問い合わせはこちら