寒波に備えての水道管凍結防止対策

寒波に備えた水道管凍結防止対策について

1月25日(水曜日)から、寒波の到来により気温が低下し氷点下になることが予想されています。

水道管が凍結するおそれがありますので、屋外の蛇口や給湯器などのむき出しになっている水道管は早めに凍結防止対策を行いましょう。

水道管は、気温がマイナス4℃以下になるときや真冬日には、凍結し破損することがあります。

特に屋外の水道管は、早めに凍結防止対策をして寒波に備えましょう。

屋外の水道管、給湯器まわりは要注意

水道管が凍結しやすい場所は

•むきだしになっている水道管

•風当たりの強い場所にある水道管

•北向きで日陰にある水道管

•給湯器まわりの水道管

凍結を防止する対策

•露出配管に保温材(発泡スチロールやポリエチレン筒(ホームセンターにあります)を取り付け、ビニールテープをすきまなく巻く。

•布やタオルも保温材の代わりになるので、上からビニールテープや紐で巻きつけ固定する。

•屋外の蛇口は特に凍りやすいので、夜間は布きれなどで覆ってビニール袋等で濡れないようにしておく。

•給湯器に直接風が当たらないようにする。

また、万一の凍結を考えて、トイレ等に使用するために、お風呂の残り湯を取り置くことも良い方法です。

水まわりが凍結したときは

亀裂や破損を発見したら

水道管や器具の破裂または破損を発見したときは、中央市水道事業指定給水装置工事事業者に連絡してください。漏水があれば、止水栓もしくは不凍栓(メータボックス付近に設置)を右に廻して水を止めるなどの応急処置をしてから連絡します。

凍結箇所の解決方法

水道管や器具に亀裂や破損がなく、単なる凍結の場合は、自然に溶けるのを待つか、タオル等をかぶせて、その上からぬるま湯をゆっくりとかけてください。

水道管や蛇口に直接熱湯をかけると破損する場合がありますので、絶対にやめてください

この記事に関するお問い合わせ先

水道課 
〒409-3892 中央市臼井阿原301番地1
電話:055-274-8554
ファックス:055-274-1130

メールでのお問い合わせはこちら