ふるさと納税

更新日:2018年07月24日

中央市ふるさと納税

中央市ふるさと納税 カタログ表紙

ふるさと納税制度の概要

 『ふるさと納税』とは、生まれ故郷や好きな地域の自治体などを「応援したい」「貢献したい」というみなさんからの善意やご厚意を寄附という形で応援しやすくするため、寄附金控除の制度を拡充して行われるものです。
 市では、寄附金を財源として各種の事業を推進し、個性豊かな活力あるふるさとづくりをすることを目的としています。

  1. 控除の対象となる寄附者は
     個人住民税の所得割を納税されている方が対象となります。
  2. どこへ寄附すれば控除対象となるのか。
     すべての都道府県、市区町村への寄附が対象となります。
  3. これまでの寄附となにが違うのか。
     個人住民税の寄附金控除が、「所得控除方式(=寄附金額に税率をかけた額を控除する)」から「税額控除方式(=寄附金額を直接税額から控除する)」に変わります。
     適用下限額、控除上限額があります。
     また、適用下限額が10万円から2千円に引き下げられたことにより、寄附による税制優遇が受けやすくなります。
  4. 控除によるメリットは
     寄附していただいた金額から2千円(適用下限額)を差し引いた額について一定限度額までは、個人住民税と所得税をあわせて全額控除が受けられます。

ふるさと納税制度の詳細については、次のリンクページをご覧ください。

寄附金の使い方メニュー

 みなさんからいただいた寄附金は、次の4つのメニューの事業に使用させていただきます。
 寄附される際に、寄附金の使途を選んでください。

メニュー1 子育て支援のまちづくり

 少子化時代を迎えて、安心して子どもを生み育てることができる環境づくりを推進し、子育て支援のまちづくりを目指します。

  • 子育て支援の拠点づくり
  • 子どもたちへの本の贈り物
    (新生児及び小学校新入生への本のプレゼント)

メニュー2 環境にやさしいまちづくり

 地球温暖化防止対策を推進するために、地域としての役割を十分認識し、率先して循環型社会の確立を図り、二酸化炭素排出量の削減を目指します。

  • 循環型社会を目指す、ごみの減量化
  • 地球温暖化対策のための新エネルギー普及、省エネルギーの推進

メニュー3 誰でもが安心して暮らせるまちづくり

 高齢者や障害者をはじめ、市民誰でもが健康な生活をおくることができるような社会の実現を目指します。

  • 公共施設へのAEDの設置
  • お年寄りがいきいき暮らせる生きがいと健康づくり
  • 障害者が生活しやすい環境づくり
  • 多文化共生のまちづくり
メニュー4 貧困の連鎖を断ち切り、子どもの夢や希望を支援するまちづくり

貧困の連鎖を断ち、全ての子どもたちが健やかに成長し、将来の夢や希望をかえなるための支援をしていきます。

・学習支援
・食料支援
・居場所づくり

メニュー5 寄附目的を特定しない

 使途のご指定がない場合には、広く市が推進する施策・事業のために活用させていただきます。

返礼品一覧

お申し込み方法

ふるさと納税ポータルサイト

簡単な入力でお申し込みができるウェブサイトです。スマートフォンやタブレット端末からもお申し込みできます。

ワンストップ特例申告書

ワンストップ特例申告書については、下のリンクよりダウンロードしていただき申請をして下さい。

インターネット環境が無い方は、中央市役所政策秘書課(田富庁舎)で直接お申し込みすることもできます。ご希望の方には申請書類等をお送りしますので、お問い合わせください。

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせ先

政策秘書課
〒409-3892 中央市臼井阿原301番地1
電話:055-274-8512
ファックス:055-274-7130

メールでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。