中央市立田富小学校(AED有)

中央市立田富小学校の外観写真。前面に大きく広がるグラウンドの奥に、白い横長の校舎が写っています。

学校案内

 本校は校歌の歌詞の一節にある「明るく直くすこやかに」を校訓として、地域を挙げて育て上げられてきた学校である。
 児童は地域住民と接触が多く、登下校時の挨拶は勿論、スポーツ・文化・自然保護活動などでの交流が盛んである。また、地域住民の直接的間接的関わり・協力により、校訓どおり「明るく直くすこやかに」学習に取り組んでいる。

校訓

 「明るく 直く すこやかに」

教育目標

 たくましく、心の美しい子ども
 ともに学び、ともに生きる子ども
 みずから気づき、学び、判断し、実行する子ども

基本方針

 本校は、「子どもにとって安全で楽しい学校」「学力がしっかり身につく学校」の2本柱のもと、教育目標具現に向けて以下のような基本方針で言語の重視と体験の充実を合い言葉に指導に取り組んでいる。

概要

 明治5年に作られた小井川村の布施学校(法星院)と花輪村の花輪学校(長徳院)を前身とする。7年後に小井川、花輪、忍3ヶ村で学校組合を作り、現在の位置に田富学校と称して新設された。
 今日まで、数度校名が変更になり、昭和50年代後半からの人口急増に伴い2度の学校分離を経て現在に至る130年の学校史の中で、幾多の実験校、研究指定校を受け公開研究発表会を実施して、その都度取り組みと成果は高い評価を得てきた。
 近年は、全校500名前後の児童数であるが、外国籍児童の比率が高まり、日本語教育や日々の学校生活に関わる生きた国際理解教育などにも取り組んでいる。

施設概要
住所 〒409-3841
中央市布施2122
電話 055-273-2117
備考 AED設置箇所 正面玄関内
この記事に関するお問い合わせ先

教育総務課 学校施設担当
〒409-3892 中央市臼井阿原301番地1
電話:055-274-8521
ファックス:055-274-7132

メールでのお問い合わせはこちら